Moto Racing | Japan

ポル・エスパルガロPP獲得、ストーナー3位:2015鈴鹿8耐

『鈴鹿8耐:エスパルガロでヤマハが記録更新PP』

pol-suzuka-gpone.jpg


★7月25日(土)、鈴鹿8耐レースのポールポジションを決定する『トップ10トライアル』が行われ、ポル・エスパルガロが記録した2分06秒00により『YAMAHA FACTORY RACING』チームがPPとなった。
なお、同タイムはコースレコードも更新した。

★エスパルガロ選手のコメント。
「ホントにホントに嬉しいです。僕にとっては物凄い挑戦だったし、獲得できるとは思ってませんでした。ここのコースで、ドライの状態で、ブラッドリーやナカスガと一緒にテストを1回やっただけなんですよ。だから、コースのこともしっかり把握してなくって。鈴鹿は学習しておく必要のあるタイプのコースで…かなりテクニカルだし、いつもモトGPで走ってるコースとはけっこう違ってるんです…エスケープゾーンも少ないし、バリアは近いし、シケインなんかの区間もあって…特に、最後のヤツは何kmも走りこんで覚えるようなタイプですよね。それでも、好タイムが出せたんですから。この週末、ブラッドリーもけっこう速かったんですよ…僕とけっこう似たり寄ったりのタイムで。それにナカスガも、タイムを見れば分かる通り、僕とほとんど同じでしたからね。
自分のタイムを見た時、ちょっとビックリしたんですよ。このリアタイヤも初めてで…柔らか目なんですよね。テストでも、週末の間も使わなかったんです。それにスーパーポールも初めてだったし…モトGPの予選では15分間の間に、4〜5回チャンスがあるじゃないですか…他の選手と一緒に走るし、タイヤも2組使えるし。今日はタイムアタック1回だけだったから。
今日のタイムアタックを思い返すと…多分、もっと上手くできるところもあった感じがするんですが…でも1回きりだったし、あの2分間でベストを尽くさないとならない状況だったし。そうしましたけどね。最初のセクター3ヶ所は全部けっこう上手くやれたんで、最終セクターではもうちょっと落ち着いて走れました…周回を台無しにしないよう…シケインで何かミスらないよう。ゴールを抜けて、2分06秒00って言う数字を見た時は、こう思いました…『OK、記録更新だな』って。誰がかこれを抜くのは難しそうに思えたんですが…その後、ナカスガの出走で…ちょっと心配しましたよ。彼はホントにホントに速かったから。第1セクターでは僕の方が速かったんで、僕の方にちょっとチャンスがあったんだけど…でも、ナカスガも記録更新してましたから。ブラッドリーも絶対は速かったはずですよ。PPよりも、そっちの方が重要ですからね。
チームとして僕らがやった事について凄いなぁって思ってるんですよ…まだ始まったばかりですけどね。明日が重要なんだし…本物の挑戦…レースですから。厳しいでしょうね…8時間の間に色々なことが起きるだろうし…うちのオプションについては自信があるんですけどね。僕ら3人とも速い走りをしてるんで、明日、諸々がどうなっていくかですよ。」

★エスパルガロ選手のチームメイトはカツユキ・ナカスガおよびブラッドリー・スミスで、ナカスガ選手は『トップ10トライアル』で2位タイム(2分06秒059)を記録した。

★『トップ10トライアル』とは前日の予選で勝ち残った10チームそれぞれから2選手が出走し、1周のタイムアタックでグリッド順位を決定するシステムである。

★2分07秒の壁を破ったのは4選手のみで、1〜2位選手の他は以下のとおり。
3位カズキ・ワタナベ(2分06秒287。GREEN Kawasakiチームのグリッド順位は2位)
4位ケーシー・ストーナー(2分06秒335。MuSASHi Harc-Pro Hondaチームのグリッド順位は3位)

★『トップ10トライアル』の結果は以下のとおり。なお、太字はチーム内でのトップタイムを出したライダーである。

1. Espargaro / Nakasuga / B. Smith | Yamaha Factory # 21 | 2:06.000
2. Watanabe / Yanagawa / Yudhistira | Green Team # 87 | 2:06.287
3. Stoner / Takahashi / VD Mark | Musashi Honda # 634 | 2:06.335
4. Tsuda / Lowes / Waters | Yoshimura Suzuki # 12 | 2:06.516
5. Kagayama / Kiyonari / Haga | Team Kagayama # 17 | 2:07.990
6. Aegerter / K. Smith / Hook | FCC TSR Honda # 778 | 2:08.076
7. Yamaguchi / Wilairot / Elias | Toho con Moriwaki # 104 | 2:08.382
8. Nigon / Deguchi / Izutsu | Trickstar Kawasaki # 01 | 2:08.950
9. Uramoto / O’Halloran / Herfoss | Sakuri Honda # 71 | 2:09.409
10. Ogata / Aoki / Konno | Motomap Suzuki # 32 | 2:11.019

(2015年07月25日『Gpone』記事参照)
(2015年07月25日『Motoblog.it』記事参照)
(2015年07月25日『Motocuatro.com』記事参照)

エスパルガロ選手は今回のPPを、先日の『Motoamerica』で亡くなった両選手に捧げてました。

《明日はどうなるか分からないけど、でも、このPPは君達のためだよ…本物のヒーロー…いつ、どこで、どんな風になんて気にせず、好きなことを続けて行くためだけに命を賭けて戦った君達へ。ダニ、今日は僕をプッシュしてくれて有り難う。#DaniRivas #BernatMartinez // Amazing Pole Position, amazing feeling 》



メルマガ30号外 2015年 7月24日 発行】
【ミザノテスト内輪話:ホンダ&スズキ】

●ビーチサイドリーグ最新情報
・ポル・エスパルガロがヤマハSBK?

[amazonjs asin=”B00YOXAIRY” locale=”JP” title=”アサヒ モンスターウルトラ缶 355ml×24本”]

どきどきワクワク!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. tetsu より:

    現地で見てましたがポルがセクター1で暫定1位の加賀山のタイムを.5削って会場はもう騒然でした。
    まさか6秒フラットなんて。。。
    中須賀も.06遅れと存在感見せつけましたね。
    そしてケーシーも13年式のCBRとハード的に厳しい中のあのタイムは流石。

    決勝楽しみです!
    ニコニコ生放送でトライアル10は来週まで見れるのでおすすめです。
    とてもスペクタクルな予選でした!!

  2. えでい より:

    NEWR1速いなぁ
    スタート出遅れたけど一気にTOPグループまで追いついた

  3. kents より:

    ケーシー転倒。無念!

  4. yazmin より:

    アイヤー、ケイシーやってもたー!

  5. ぽす より:

    マイケル・VD・マークが見たかった…
    アレ押し付けられた ハルクはさぞ無念…

    • 坂本八 より:

      本田重樹「キミの野望が才能を上回っちゃったんだね(ニヤニヤ)」

  6. ぎょうざ より:

    バリバリ伝説の10秒代が市販ベース車両に越されるなんで…
    技術の進化は素晴らしい!

  7. ケムンパ より:

    GPライダーは、ライディングフォームちがうな〜

  8. ヤマハ より:

    ケ、ケ― シー

    • mac より:

      VDマークを見れなかった…。

      ケーシー、体大丈夫かなぁ?
      来年リベンジしてくれないかなぁ……。
      まぁ、してくれないだろうなぁ……。

      鈴鹿は観ていて楽しいサーキットだけど、マシンの飛び出し方を見るといまだに危険なレイアウトのコースなのかなぁ……。前走車がいたらと思うと怖くなる。

      • ヤマハ より:

        危なかった。自分のバイクとぶつかったら大事故でした。単純なミスなのに叩かれまくるだろうからGPに戻ってリベンジして欲しいですね。

  9. ケムンパ より:

    スミスの努力!惚れました

  10. クラッチ郎 より:

    h ttps://pbs.twimg.com/tweet_video/CKz8bk4UAAANEXB.mp4

    記事だけでただ転倒したのか?と思ってたけどかなり激しいね~。
    フロントから逝ってマシンがコース上まで飛んでたんだ大惨事にならなかったのが
    不幸中の幸いか。。。

    • mac より:

      ケーシーの転倒の原因は「スロットルスタック」(アクセルが戻らない?)とコメントがあったようです。
      ケガの状況は、肩甲骨と腓骨を骨折したようです。

      • クラッチ郎 より:

        そうなんですか~ 部分切り取りの動画しかまだ見てないですが
        確かにストーナーにしては奇妙なコースアウトからの転倒ですよね。
        怪我までしてたらこのままテストライダー契約もおしまいにして
        家族で自然の中で静かに暮らす生活に戻るかもしれませんね。。。

        今見たら #21 2位に後退しちゃってるし。。。w  でも終盤の
        デットヒートがありそうですね!

        • mac より:

          チャンネルの権利を妻に取られました。。。
          私の真夏の祭典は一時お休みです。

          終盤のデットヒートに期待っス!

  11. ゆうき より:

    ケーシー、スロットルのスタックだそうですね(本人の弁)。

    肩胛骨と脛骨の骨折と。来年(もしあれば。ロッシだって二年目で優勝したし…)のリベンジに期待です。

  12. horizon より:

    え?もう終わり(゜д゜)
    8耐は余り見ない方ですが、KCやポル、スミスが出るならとBS12で視聴してたらKC、あっさり転倒…
    CBRに新型R1と現役のポルに迫るタイムを出してたのは流石でしたが、買いかぶり過ぎだったという事でしょう
    結果は結果…
    コケないレースメイクは立派なライダーの技量という事でしょうね。
    速いだけが才能じゃない…耐久レースの難しさと奥深さを見た気がしました
    このクソ熱い中…8耐走ってるライダーは本当に凄い…

    実況でKC凄いリラックスしてるとの事でしたがリラックスし過ぎだったんじゃないですか?
    以前発言してたよう8耐を只のお祭りみたいな感じで舐めてるからでしょう。
    同じ転倒の仕方を予選でポルがしてたりあそこはもっと慎重になってればKC程のライダーなら転倒は防げたのかもしれない…
    肩甲骨と腓骨を骨折との事ですが、とりあえず無事なのはなによりでしたが
    しかしハルクプロの夏はあっさり終わってしまったのは紛れもない事実で結果なんでしょう

    まぁ終わってしまった事をいつまでも言っても仕方なし
    これで申し訳ないから来年リベンジしますってなって欲しいっていうのも本音といえば本音

    さてヤマハファクトリーを応援せねば
    スミスもポルもいい走りしてるなぁ^^勿論中須賀さんも
    この二人のGPでも見方も変わりそう

  13. kents より:

    中須賀、ポル、スミスお疲れさんでした。
    GPライダーたる走りを見せてくれて感動!

  14. bb より:

    スロットルが戻らなくなるメカニカルトラブルだったと聞きましたが・・・
    本当のところ、どうなのか判らないうちに酷くケーシーを叩く人が多いですね。

    まぁ、そういうモンなんでしょうね。

  15. kai より:

    書き込む場所が違いますが、予選で鳥肌、決勝のヤマハ優勝に感涙でした。

  16. スミスには感動しましたバリ伝のヒデヨシを思い出しました。セーフティーカーが入ってもだらけないでずーと伏せていた姿 感動です。土曜日にトークショーの合間に握手していただぎした。

  17. 46 より:

    中須賀、ポル、スミス 皆素晴らしいプロ意識の高い仕事してた。他のメーカーのライダー素晴らしい仕事してたし、レベルの高い戦いでしたね。 ちょっとYAMAHAが1枚半くらい強かった印象ですが、本当に素晴らしい戦いを見せてくれたライダー達に感謝したいです。ケーシーも、本当に命取られなくてよかった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP