マルケス疾走『目に石粒が入ったまま走った』2018ミザノGP

Pocket

『ウサイン・マルケス:目に石粒が入ったまま走った』

motogp-san-marino-gp-2018-marc-2.jpg


★マルク・マルケス(ホンダファクトリー)が9月8日、ミザノ予選2で5位だった。

★予選中、マルケス選手は転倒後、全力疾走でボックスに向かい、途中、スクーターに乗せてもらったものの、わずか2分15秒後にはセカンドマシンに乗っていた。

★マルケス選手のコメント。

「あの転倒は残念でしたねぇ。しかも、転倒直後にバイザーを上げたら、石粒が目に入ってしまって。別に言い訳する気はないけど、だけど、もう普段の状態じゃないわけですよ。トラックに戻って、また周回を始めた時もずっと石粒のせいでちょっと集中できなくって。最初は色々ときちんとできなくて…その後も正確な動きは難しかったですね。」

【結果良ければ全て良し…】
「スクーターに乗せてくれた人が、良い仕事をしてくれました。ボックスまで猛プッシュしてくれてね(冗)。
さいわい、ケガはなかったし。あの転倒自体はけっこう深刻なものだったのに、結局、両手両足無傷で済みました。」

【転倒後、わずか2分15秒後にはセカンドマシンに乗っていたが…】
「ボックスが優秀で、セカンドマシンをきちんと用意していれくれました。こう言う時、どう動けば良いか、チーム全員が把握してるんですよね。
トラックに戻る際は、せいぜいもう1周ぐらいしかできないだろうと思ってたのに、なんと2周も走れたんですから。
あいにく、目に入った石粒のせいで集中しきれなくて、ベストラインを追うことができなかったんです。」

【自信のほどは?】
「ここのトラックについて、僕が気づいたなかで大きいのは、ミディアムとソフトタイヤの違いですかね。と言うのも、マシンのバランスがかなり変わってしまうからなんですよ。
とにかく、FP4でのペースに関しては満足してます。速かったですから。」

【ドゥカティ勢が一歩先んじているようだが…】
「ドゥカティはかなり速いし、実は、コーナーでの安定感が物凄いんですよ。加速は特にね。
僕は新タイヤなら違いのある走りができるけれど、ユーズドになるとイマイチなんです。
とにかく、明日のウォームアップではタイヤの挙動がどうなるか様子を見て、レースに向けて仕上げていけるかどうか…ですね。」

【ロレンソ選手がグリッド首位だが…】
「優勝は諦めてません。ペースは良かったし、FP4でそれを証明できたって言うのもあります。
ただ、ミザノはトラックのコンディションがころころ変わる所だから。モト2レースの後に走るわけだから、グリップも落ちてるだろうし。」

【今回の目標は?】
「目標は優勝争いをすることです。それが無理なら、表彰台争いが重要になってくるでしょうね。」

(2018年09月08日『Gpone』記事参照)
(2018年09月08日『Motorsport.com』記事参照)


マルク・マルケス選手の弟アレックス選手は、なぜヤマハのプライベートチームに入れなかったのか?
『兄の七光り』の逆になってしまったようです。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018シルヴァーストンGP雨天中止まとめ&ホンダこぼれ話】[ 2018年9月5日 発行 Vol. 202

●マルケス家の人間はヤマハでは無理だ
・マルク・マルケス憮然「まさか兄弟まで…」
・なぜアレックス・マルケスはヤマハに入れなかったのか?
・兄弟の1人がヤマハで、もう1人がホンダにいるなんて…

『note』の『Vol. 202』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』09月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!



いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

12 Responses to マルケス疾走『目に石粒が入ったまま走った』2018ミザノGP

  1. 87 garage 2018年9月9日 at 6:47 AM #

    管理人さん。

    見出しがウザインになってます。

    よろしくお願いいたします!

    • La Chirico 2018年9月9日 at 8:09 AM #

      あっ、つい、イタリア語読みしてしまいました。
      有難うございますね❤

      • 87 garage 2018年9月9日 at 10:24 AM #

        あ!

        早速の

        ありがとうございます

        国によって読み方 違いすぎますね。

        特色があって面白いです(笑)

  2. kai 2018年9月9日 at 6:59 AM #

    あのような重たい装備で全力疾走して、集中力を切らさずにタイムを出してしまう…。
    本当にマルケスというライダーは恐ろしい!

  3. maxtu 2018年9月9日 at 9:11 AM #

    マルケスの凄いところですね
    転倒しても身のこなし方が抜群だから深刻な怪我にならない
    ミスしても全力でピットに戻ってくるのが解ってるからクルー達も信じて用意をしている関係性も見事
    これぞチャンピオンチーム

    予選で限界は掴んだから本番はくるだろうな

  4. へも 2018年9月9日 at 9:12 AM #

    あの装備であんだけ速く走れるもんなんですねw いつも思うけど判断力がすごいですよね。起き上がった瞬間には早くピットに戻るための行動してるわけだし。

  5. siro 2018年9月9日 at 10:04 AM #

    2秒15秒って2回書かれてますが2分15秒ですよね^^

    • La Chirico 2018年9月9日 at 10:34 AM #

      や、やべぇ…2回も……
      有難うございますね❤

  6. まんぶ 2018年9月9日 at 12:50 PM #

    少し好きになりました。これぞプロ

  7. Makka 2018年9月9日 at 1:57 PM #

    ヤマハファンなので、こいつがほんとに憎たらしくて仕方ないのですが、
    こういう「どんな状況でもベストを尽くす」姿勢をみると、脱帽としか言いようがないですね。
    こういった執念とも思える気持ちが、私の一押しマーベリック君にも欲しいな~と思っちゃいました。
    敵ながらあっぱれです。

  8. zep 2018年9月9日 at 3:57 PM #

    転倒からすぐさま立ち上がり、マシンには一瞥もくれずにピットへ向かって走り出したのは、予選に懸ける執念のようなものを感じました。
    からの~全力疾走してスペアのマシンに飛び乗り、そのままタイムアタック!ってすごいよね。motoGPライダーの身体能力侮りがたし。

  9. mad 2018年9月10日 at 2:52 PM #

    2015年のアメリカズ予選を思い出しますね。

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top