MotoGP

『モルビデッリはクアルタラローのことがショックだった』ラモン・フォルカーダ

『フォルカーダ:モルビデッリはクアルタラローのことがショックだっ』

★ラモン・フォルカーダ氏はモトGP業界で有数のチーフメカニックであり、これまでホルヘ・ロレンソと共に3回タイトルを獲得し、また、マーヴェリック・ヴィニャーレスのヤマハデビューも支えてきた。

★また、他クラスにおいてはアレックス・クリヴィレー、ホルヘ・マルティネス、カルロス・チェカ、アルベルト・プーチ、ルーベン・チャウス、ジョン・コシンスキー、アレックス・バロス、宇川徹、ケーシー・ストーナーを担当してきた。

★現在はフランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)を担当している。

★フォルカーダ氏が、先日、次のように語った。

【昨シーズンのモルビデッリ選手については?】
「悪くはなかったですよ。ただ、クアルタラローのパフォーマンスに圧倒されてしまってね…何度も表彰台に上がってたでしょ。
フランコのベストリザルトは5位だったから…こうなると、プレッシャーが上がっていってしまうんですよ。チームメイトがあんなに活躍してしまうって言うのは、まったくショックなものでね。」

【立ち直れそう?】
「実に努力家ですからね。何をすべきか、ちゃんと心得てるから。とにかく、己の可能性をさらに信じていくしかないんですよ。今よりもっと速くなる可能性はあるのだから。
実力相応のリザルトが出せるものと信じてますよ。」

★ヤマハ・ペトロナスSRTは2021年にファビオ・クアルタラローが離脱し、その後任としてヴァレンティーノ・ロッシが加入するものと見られている。
なお、モルビデッリ選手の去就について、最近、ラズラン・ラザリ氏(チームプリンシパル)が次のように話していた。

「我々にとって2021年モトGPの最重要ライダーは…我々が最優先すべきは、フランコ・モルビデッリですから。最善の形でフランコを優先させるべく、必要としているもの全てを提供していきますよ。
まぁ、ヴァレンティーノが入ってくることになっても…とにかく、そちらの話はまだまだ煮詰めていかなければならないのだし、うちにとって2021年に優先していくべきライダーは、フランコでしょうね。」


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)


ドゥカティが2005年にブリヂストンタイヤを採用した経緯については無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    モルビデッリの良いところはどのコースでも比較的安定してましたからねぇ
    イタリアのポスト・ヴァレとしても期待されそうだしDUCATIはいつか狙ってきそう

    ペトロナスとしては数年後にモルビデッリ、ヴァレがOUTすれば後釜はルカか?
    YAMAHAと組む限りVR昇格の場になるのかなぁ

  2. ジョルジョ99 より:

    ちょっとM1の走らせ方が師匠ヴァレと似ているために、師匠同様に昨年は苦しい戦いも有ったし、ファビオの活躍でリズムも狂った場面も有ったからね。
    今年はフランコがセッティングやら、走らせ方がどう変わって行くかそこが見処かなぁ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP