MotoGP

ペドロサ談2『ウィンドサーフィンの才能はないが…』

『ペドロサ:ウィンドサーフィンの才能はないが…』

★ダニ・ペドロサは2018年末に引退し、現在はKTMテストライダーとしてマシン開発に専念している。
また、余暇には趣味のウィンドサーフィンを楽しんでいる。

★ペドロサ元選手が最近のインタビューで、次のように語った。

[ 前半はこちら ]

【セパンの第3コーナーで撮られた、こちらの写真が気に入ってるそうで…】
「すごく好きなんですよ。あの辺りを走る時の手応えって、本当に驚異的だから。」

【趣味のウインドサーフィンをやっている時も、そう言う手応えはある?】
「残念ながら、ないですね。それほど上手くはないんで。ただ、もっと軽い気持ちで楽しんでも良いんだってことを、学ばせてもらってます。
2輪レーサー業の方は、とにかく全て完璧にして、コンスタントに伸びていけるよう目指すじゃないですか。
でも、ウィンドサーフィンに関して、僕はそう言う風にやっていけるほどの才能がないんですよ。
まぁ、いくら頑張っても上手くならないものがあるって言うのは、ちょっとキツいもので…他の人達が自分より上手いって言うのもキツいんですけどね。
でも、そう言うことを受け入れつつ、今この瞬間をより楽しもうってことを学んでいるところなんですよ。」

【ところで、最近はソーシャルメディアの存在が大きくなってきているが…】
「もうね、注目されるためには、無理矢理にでも何か変なことをしなければならないって感じですよね。
僕はそう言うタイプじゃないんで。言うべき時はきちんと言うけど、そうじゃないなら放っておきますよ。僕が選んだことなのだから。
ただ、奇抜なことをする気はないですよ。ただ注目されたい一心で、普段やらないようなことはしません。」

[ 完 ]


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ホンダがストーナー&マルケスチームを画策していたって話は有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP