MotoGP

ヤマハ、エンジニア1名感染により計6名が隔離

『ヤマハ、エンジニア1名感染により計6名が隔離』

★ヤマハのエンジニア1名が新型コロナウイルスに感染し、その結果、計6名がアンドーラのホテルに隔離されている。なお、プロジェクトリーダーであるスミ・タカヒロ氏もその中に含まれている。

★ヨーロッパ遠征中、ヤマハスタッフ数名はGP開催後、次のGPまでアンドーラで過ごすことが多く、今回、アンドーラから出発する前、5日(月)にコロナ検査を受けたところ、エンジニア1名に陽性反応が確認されたため、濃厚接触者である5名と共に隔離されることとなった。なお、濃厚接触者は全員陰性である。

★7日(水)、2度目の検査を受けたところ、6名の検査結果は同じだった。なお、感染したエンジニア1名は今のところ無症状である。

★同6名はル・マンに現地入りできないため、今シーズンより使用し始めた最新コミュニケーションシステムによりリモート参加する。
また、ヤマハは現在、現地入りしたエンジニア陣でライダーをサポートできるよう、交代制のプログラムを検討中。

★10月14日前後に再検査が行われ、その結果によりアラゴンGP(16〜18日)に参加できるかどうかが判断される。


(参照サイト:『Gpone』)

ル・マン&アラゴン2戦の『GPまとめ』を3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. POP84 より:

    ペトロナスの面倒を見てる日本人エンジニアは今回の隔離6人とは別なのでしょうか?
    タイトル争いに影響が出ないか気になる所…

  2. たんぼ より:

    YAMAHA、なにかに呪われてるかのようだな^^;

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP