ロレンソ『ドゥカティで伝説としてキャリアを終える』

Pocket

『ロレンソ:ドゥカティでキャリアを終えるべく契約した』

motogp-ducati-desmosedici-gp17-launch-2017-jorge-lorenzo-andrea-dovizioso-ducati-team.jpg


★ホルヘ・ロレンソがイタリア紙『la Gazzetta dello Sport』に、次のように語った。

「ドゥカティでキャリアを終えるべく契約しました。人生なにが起きるか分からないし、レースではもっと見当がつかないけど、でも、そう言うつもりでいるんですよ。ドゥカティスタとして…できることなら、レジェンドライダーとして終えたいですね。」

【なぜヤマハを離れドゥカティへ?】
「ヤマハ残留はオプションとしては最高でしたねでした。金銭面でも、マシン&チームのパッケージも良かった。でも、僕はドゥカティを選びました。ヤマハにとってヴァレンティーノ(ロッシ)のようなキャラクターが…これまで彼がやってきた事や勝利の数々、獲得したタイトルやマーケティングレベルでの重要性がヤマハにとって第一なのだと言うことは分かります。
ヤマハのようなメーカーが彼に注目するのは当然のことでしょう。それに、僕に対しても同様にしてくれましたし。技術面では常に同じ待遇が受けられました。契約更改する度に、ヤマハは…特にリン・ジャーヴィス(マネージングディレクター)が僕のことをきちんと評価してくれていました。」

【ヤマハでの9年間の締めくくりは優勝とロッシ選手との固い握手だった…】
「(ロッシの所へ)自分から進んで行ったわけじゃないんですよ。実は、何人かから(ロッシと)握手した方が良いんじゃないかって勧められたもんだから。でも、良いアイデアでしたね。チームメイトと良好関係を築くのは本当に難しいことなんですよ。チームメイトが一番のライバルだし、負かされた時に言い訳できないから。でも、結局のところ、相手だって自分と同じで、やっぱり色々と感情があるんだってことを理解する必要がありますよね。」

(2017年01月24日『Motorsport.com』記事参照)


意気軒昂クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top