MotoGP

2014第2回セパンテスト第1日目リザルト&経緯

[2014年第2回セパンテスト 1日目タイム]
sepang2-primo-motogp.jpg

『モトGPセパンテスト:驚愕バウティスタ、ドヴィツィオーゾ4位』

gpone-sepang2-primo.jpg


★第2回セパンテスト1日目の首位タイムは、ホンダ・プライベート機のアルヴァロ・バウティスタがセッション最後に刻んだ2分00秒848。第1回セパンテスト3日間における同選手の自己最高と、ほぼ同タイムだった。

★2位はヤマハOpen機のアレイシ・エスパルガロ(他の選手よりソフトなタイヤを使用できる)。3位はヤマハ・プライベート機のポル・エスパルガロ、4位はドゥカティ・ワークス機のアンドレア・ドヴィツィオーゾ。

★ホンダ/ヤマハのワークス勢は、5位ホルヘ・ロレンソ、6位ダニ・ペドロサ、7位ヴァレンティーノ・ロッシと意外な結果。ロッシ選手は午前セッションでは常に上位を走っていたが、ロレンソ/ペドロサ両選手は終日上位には上がらなかった。

★各タイムが示す通り、本日のコース・コンディションは良好なものではなかった。ほとんどの選手は第1回セパンテストのタイムを下回っている。

★ホンダOpen勢トップはニッキー・へイデンの10位。

★コーリン・エドワーズはアレイシ選手と同じマシンにも関わらず、失意の14位。

★上位陣ではバウティスタ選手だけが、2分01秒の壁を破っての周回を何度も重ねてみせた。アレイシ選手は5周のみ、ポル選手は2周のみ。

★ロッシ選手はセッション終盤、唯一10ラップ連続周回をこなし、2分02秒台で安定した走行を見せた。また、計65周回の勤労振りだった(最高はランディ・ド・プニエの73周回)。

(Source:2014年02月26日 Gpone記事より抜粋)




[amazonjs asin=”B00GGGHZSM” locale=”JP” title=”A.バウティスタ オフィシャルグッズ/国内正規取扱商品 ステッカーセット Lサイズ AB-ST-71203″]
[amazonjs asin=”B000GHMWXU” locale=”JP” title=”アニマルマスク ダークホース”]

明日は明日の風が吹くクリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. Yaharu より:

    アレイシとコーリンて本当に同じマシンなの?公式ページの写真見ると随分外見が違うような気がするけど・・・?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP