MotoGP

なぜステファン・ブラドルはポイント圏内にさえ入れなかったのか?2014ザクセンリンクGP


[下記写真はOmnicorse.itサイトより抜粋]
omnicorse-bradl1.jpg


★ステファン・ブラドルは、唯一、スリックタイヤを履きグリッドからスタートしたファクトリー機であり、第1ラップではマルケス選手を7秒722も引き離したにもかかわらず、なぜ16位でゴールしたのか?

《スタート20分前に雨が降り、セットアップを変更する時間がなかったため、ディスクブレーキとリアのショックアブソーバーしか替えられなかった。このためコースが完全に乾いた際、マシンは操縦しがたい状態となってしまった。》
2014年07月13日Moto.it記事参照)


『ステファン・ブラドル:スリックタイヤだが、レイン用セットアップ』

omnicorse-bradl2.jpg


★ザクセンリンク予選でステファン・ブラドルはグリッド3位を獲得し、決勝戦ではファクトリー機で唯一スリックを履いてグリッドからスタートしたにもかかわらず、16位でゴールした。

★ほとんどの選手はレインタイヤでウォームアップラップ走行後、ボックスに戻りドライ用マシンに乗り換え、ピットレーンからスタートした。

★ブラドル選手のコメント。
「レースの何分か前に雨が降り出し、ウォームアップ2周後、うちはグリッドでスリックタイヤにする事にしました。コースが速攻で乾く事は分かってましたから。当初は、けっこう有利そうに思えたんですが、タイヤを変えた時にフロントフォークを変えるのにトラブってしまって…時間がぎりぎりだったもんですから。それでレイン用セットアップとスリックタイヤでスタートしたんですが…まさに賭けでしたね。ボックスに戻って、用意していたもう1台の方に乗る事もできたんですが…そうしなかったのが残念です。最後は通常のラップより3秒遅かったんですよ…適切なセッティングじゃなかったわけですから。もう言葉もないです…これじゃ最悪のホームレースでしょ。でも今週末、もの凄い応援をしてくれたファンの皆さんには感謝したいです。」
2014年07月13日Omnicorse.it記事参照)



[amazonjs asin=”4756916899″ locale=”JP” title=”やり直し・間違いゼロ 絶対にミスをしない人の仕事のワザ (Asuka business & language book)”]

つ、つ、次があるさクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. デカ黒 より:

    次はあるけど、来年はないかもね。

  2. テック21 より:

    モト2に戻ることを検討…などという記事がありましたが、であれば少し悲しいですね。確かに伸び悩み感はありますが、本人としては、今でなくても、いつかワークスに乗れるチャンスが見えないとモチベーションが保てませんよね。 ポル、スミスなんかも同じジレンマに陥るのでないかと思います。クラッチェローがそうであったように… レギュレーションがよく分からないんですが、サテライトからフルワークス体制で参戦と言うのはむりなんでしょうか? 以前は多々有りましたし、ポルの問題も解決すると思うんですが。 景気も良くなっていることだし、ホンダさん、ヤマハさん、そしてドルナさん、よろしくお願いします!

  3. shulashushushu より:

    時には賭けに出ることも大事だけど、賭けって大体は確率の低い方への挑戦なんだよね…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP