MotoGP

2014インディアナポリスGP【FP2経緯】:モトGP・モト2・モト3


モトGP『インディアナポリスFP2の経緯』

GPONE-MOTOGP-FP2-2014INDI.jpg


★FP1では終盤の数分に新タイヤを使用せず、5位で終了していたマルク・マルケス(ホンダ)が、FP2ではリアにハードタイヤを履いて1分32秒282を刻み、首位を獲得した。唯一、1分33秒の壁を破り、ペースも1分33秒前半。

★2位はアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ・プラマック、+0.222)は、オープン機専用のスーパーソフトタイヤを使用せず、フロント/リア共にミディアムタイヤでタイムを出した。

★ドゥカティ勢が好調で、アンドレア・ドヴィツィオーゾが4位(ファクトリー、+0.550)。ペースは1分33秒後半で、イアンノーネ選手より0.3〜0.4秒遅いが、3位ホルヘ・ロレンソのペースには接近している。

★3位ロレンソ選手(ヤマハ、+0.542)はリアにミディアムを履いてタイムを出した。ペースは平均1分33秒。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシはリアにハードタイヤを履いて9位(+0.716)。ペースも1分34秒の壁を破れたのは1度だけ。

★FP1でのブレーキ問題を解決したダニ・ペドロサは5位(ホンダ、+0.611)。ただし、リアの挙動が100%ではないと嘆いていた。

★明日の天候も不順で、土曜の午前が雨の場合はFP2リザルトで予選1・2に振り分けられる可能性も有り。その場合、FP1行きはポル・エスパルガロ、スコット・レディング、カル・クラッチロー、アルヴァロ・バウティスタ等。

★ニッキー・へイデン代役のレオン・キャミア(ホンダ・オープン機)はFP1より3秒半削ったものの、最下位であった。
2014年08月08日Gpone記事参照)


モト2『インディアナポリスFP2の経緯』

gpone-moto2-fp2-2014indi.jpg


★FP2はドライコンディション。

★FP1では0.04秒の僅差で2位だったドミニク・エガーター(スッター)が、1分37秒518を刻み、首位に立った。FP1首位ラバト選手のタイムより0.5秒削ってみせた。

★サプライズはサンドロ・コルテーゼの2位(カレックス、+0.010)。FP1では4位だった。

★現在、ランキング首位のエステヴェ・ラバトは3位(カレックス、+0.179)。

★転倒が多発し、パジーニ、ポンス、カルドゥス、シャー、クルメナッハらの転倒によりレッドフラッグが出された。

★イタリア勢トップは、またシモーネ・コルシで6位(カレックス、+0.489)。アレックス・デ・アンジェリスはリアのスイングアームに手を加え、9位(スッター、+0.729)。

★FP1では16位だったマーヴェリック・ヴィニャーレスが7位(カレックス、+0.673)。
2014年08月08日Gpone記事参照)

モト3『インディアナポリスFP2の経緯』

gpone-moto3-fp2-2014indi.jpg


★FP2はドライコンディションで開始したが、その後、最終セクター辺りで20分ほど雨が降り続けた。首位タイムはイサク・ヴィニャーレス(KTM)の1分45秒507。

★2位はアレックス・マルケス(ホンダ、+0.097)、3位はジャック・ミラー(KTM、+0.210)。

★サプライズはジョン・マクフィーの5位(ホンダ、+0.595)。

★イタリア勢トップはエネア・バスティアニーニの6位(KTM、+0.959)。ニッコロー・アントネッリ8位(KTM、+0.998)、ロマーノ・フェナーティ11位(KTM、+1.108)でFP1より上昇。アントネッリは操舵性とグリップに問題有りで、前者についてはハンドル角度に手を入れた。
FP1で3位だったアレッサンドロ・トヌッチは20位(マヒンドラ、+1.779)で、FP1に比べ2秒弱速くなっただけ。
2014年08月08日Gpone記事参照)



人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP