MotoGP

ロッシ『ミザノで果した前進を確認しなければ』2014アラゴンGP


『ロッシ:アラゴンGP木曜会見コメント』

rossi-aragon-gpone.jpg


★アラゴンGP木曜会見で、ヴァレンティーノ・ロッシが次のようにコメント。

【ミザノ戦での優勝後、お祝いはした?】
「まず友達と一緒にやって…皆、かなり前からこの瞬間を待ち望んでいたから。でも、突然そうなったわけじゃない…一歩一歩、前に進んで行ったんですから。今後は、これを死守しないとね。」

【アラゴン・サーキットでは死守できそう?】
「どう言う風に動けるものか…興味深いですね。ミザノはかなりヤマハ向けのコースだけど、アラゴンはホンダの方が有利だから。少なくとも、論理的にはね。特に、レース後半ですね…ホンダの方が長距離コーナーで、リアタイヤの温度をあまり上げずに走れるから。でも、ホルヘ(ロレンソ)はいつもここで強かったし、うちはそれほど離されてませんよ。」

【ヤマハは、わりと最近、アラゴンでテストをしていたが…】
「バルセロナGPの後ですね。作業を進める上でちょっとしたサポートになってくれるでしょ…セッティングのベースは既にあるだろうから。その他の要素で、全てが変わるかもしれませんが。あのテストでは速かったんですよ…もっと速くなっててくれると良いんですけどねぇ。」

【ミザノ優勝では、技術的にも何かプラスアルファが得られた?】
「重要な前進を果しましたね…セッティングにしても、ペースにしても。うちのレベルがどの程度のものか、今回、確認しなければ。」

【マルケス選手のタイトル獲得を遅らせられそう?】
「茂木以降は難しいでしょうね。でも、マルクはここで思いっきりやるでしょう…まさにホームレースなんだから。何が起きてもおかしくはないでしょう。」
2014年09月25日Gpone記事参照)



[amazonjs asin=”B00KE834F6″ locale=”JP” title=”ロッシ(VR46) VALENTINO ROSSI PEAKABOO KEYRING VRUKH111803″]

断固死守クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP