MotoGP

ステファン・ブラドル:サスペンションはオーリンズ、FTRシャーシ留保


『ブラドル:ファクトリー選手に挑戦』

bradl-motosprint.jpg


★ステファン・ブラドル

【2015年シーズンに向け、どんな風に冬期間オフシーズンを過ごした?】
「大半は友人や家族と一緒に過ごしてました。1年でこの期間だけですからね…こう言う人達と2か月も一緒にいられるなんて。新シーズンに向け身体トレーニングは全体的にやってました。(セパン)テストに向け準備万端です。新マシンに乗る日が待ち遠しいですね。」

【セパンテストではどんなマシンに乗るの?】
「正確なところは分かりません…セパンテストで分かるでしょう…でも、ヤマハが貴重なパーツを提供してくれるだろう点については信頼してますから。個人的には、良いベースセッティングを探り出し、自分のスタイルをヤマハ機に合わせていこうと思ってます。それで初めて、最初の評価が下せるでしょう。コースへは、2014年のシャーシとエンジンで出ますよ。」

【昨年のテストではサスペンションに関し、色々と試していたようだが…最終決定は下った?】
「ええ。実にシンプル…オーリンズにする予定です。それが、僕のフィーリングも一番ですから。僕の手応えに関しては、その後の…11月末のヘレステストでも確認できましたから。」

【フォワード・レーシングのヤマハ機だと、2015年シーズンは誰が一番のライバルになりそう?】
「テスト前では、まだ何とも言えませんね。モトGPクラスも色々と変更があったから…ライダーも、新規参入のメーカー等もね。僕は上位10位以内を切望してますが。僕と、うちのチームのポテンシャルなら、ファクトリーの中でも邪魔してやれそうな選手がいると思うんですけどね。もちろん、容易い事ではないですよ…レベルはかなり高いんだし、5〜12位までは競合いになるでしょうからね。」
2015年01月29日Motosprint記事参照)


『フォワード・レーシング:FTRシャーシ』

bradl-omnicorse.jpg


★『Forward Racing』チームは2015年シーズンも昨年と同様のコンディションでヤマハと契約し、シャーシに関してはFTRとのコラボレーション関係を打ち切る姿勢の模様。

★当初、ヤマハからはM1機のエンジンのみと言う話だったが、引き続きエンジンおよびシャーシ、スイングアーム(オープン機パッケージ)が提供される予定。

★ジョヴァンニ・クーツァリ氏(Forward Racing代表)は、代替シャーシのために経費をかける意義はないと考えており、また同氏によれば、2016年より施行されるレギュレーションはプライベート機の普及に有利だと言う。

★クーツァリ代表が『MCN』に次のように話した。
「独自シャーシを作ると言う案を打ち切る必要があると考えてます。2016年には、全チームがワンメイクの電制システムになるわけで…シャーシやスイングアームを作るのに大金を投じる意味があるとは思えないんですよ。絶対にホンダやヤマハが、それぞれのマシンに提供してくるでしょう。ファクトリーチームがファクトリー機を使い、プライベートチームが1年前の型落ちを使うようになると予想してるんですがね。私としては、それが未来のモトGPクラスの姿じゃないかと…ね。だから、シャーシを作る意味はあまりないでしょう。」
2015年01月15日Omnicorse.it記事参照)


え〜と…ステファン・ブラドル選手については、次回のメルマガ『風聞〜イタたわGP』の方で、最新コメントをご紹介しますんで。

【メルマガ号外 2015年02月06日 発行】
【2014〜2015年オフシーズンこぼれ話 その6】

●ステファン・ブラドル激白:ホンダLCR別離、カヤバのサスペンション…etc



[amazonjs asin=”4872907418″ locale=”JP” title=”90分でわかるハイデガー (90分でわかるシリーズ)”]

バズ選手とは上手くやってるんでしょうかねぇ…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. スズ菌キャリア より:

    んー 仮にMotoGPクラス走ってるライダーの実力が、ほぼ同じとした場合
    マシンの差で勝敗が決まるということで、ワークスチーム>サテライトチーム>プライベーター
    となったら、勝てる要素は他と違うマテリアルを使用する という選択肢が一番理に適ってると思うんですけどねぇ
    かつてチームロバーツがダンロップと独占契約を結んだように・・・
    メーカーのマシン以外で変えれるとところといえば、ブレーキとサスペンションぐらいで
    サスメーカーのバックアップが得られるなら良いチャンスだとは思わないんでしょうかね
    ワークスマシンにはワークスマシンの難しさはあるけど、自分のマシンを作れないライダーは一流にはなれない
    ってだれか言ってませんでしたけ?
    なにわともあれ、ブラドルがんばれ若手でマルケス一人勝ちはツマンナイゾ

  2. bb より:

    意外とね、ヤマハに乗ると速いんじゃないかって思ってるんですよね。
    2016年には表彰台近辺を走ってるっじゃないか?ってね・・・

    マルケス以外には誰も乗りこなせななかった14型の213Vが実は失敗作だったって事を証明するんじゃないかってね

  3. 軽~視~スト~ナ~ より:

    失敗作でも、チャンピオン、コンストラクターズも獲得しているからHRCとしては、成功作なんでしょうねぇ 過去のスペンサーモデルのようですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP