マルケス『僕はシュワンツみたいだけど、本当はレイニーになりたい』2018ブリーラムGP

Pocket

『マルケス:僕はシュワンツみたいな操縦だけど、レイニーみたいになりたい』

marquez-gara-2018buriram.jpg


★マルク・マルケス(ホンダファクトリー)が10月7日、ブリラームGP決勝で優勝した。

★マルケス選手のコメント。

「リベンジ成功は、これで4回目です(満面の笑み)。」

【いつもは最終コーナーで抜かれてしまうのはマルケス選手の方だったが…】
「今日、ドヴィと僕は役回りが逆だったんですよ。僕がドヴィ役で、彼がマルケス役だったわけです(冗)。
実は、違う作戦を立てていて、ラスト10〜8周でプッシュしまくろうと思ってたんです。ところが、ドヴィが速くって、抜けなかったんです。僕の方はフロントタイヤがオーバーヒートしてしまうし。」

【それで最終コーナー勝負を思いついた?】
「ラストラップに入った時は、それほど自信はなかったんです。そう言うシチュエーションではドゥカティ相手に負けてばかりだったから。
(最終コーナーで)既に1回ドヴィを抜こうとしてみたんだけど、後ろに喰いつくとやられてしまうってことが分かったんで、これまでやったことのないことにチャレンジしてみたんです。つまり、最終コーナーで前に出るってことです。」

【すべては作戦通りに運んだ…】
「第5コーナーでドヴィを抜けるとは思ってたけど、試してはみませんでした。ドヴィは本当に賢いから、上手くスペースを塞いでしまうでしょう。
あの最終ラップはタイトル争いのことはすっかり忘れて、全力でぶつかっていきました。」

【いまやマルケスvsドヴィの戦いは、レイニーvsシュワンツ同様、定番となってきたが…】
「良い戦いですよねぇ…常に最終コーナーまで勝負が分からないんだから。
(レイニーvsシュワンツの方は)僕らとはスタイルもマシンも違いますよね。僕らの方はオーバーテイク勝負ができるから。
僕はどちらかって言うとケヴィン(シュワンツ)に似てるかな。常にマシンが無茶苦茶な状態でブレーキに差しかかってるから。でも、本当はウェイン(レイニー)みたいな操縦をしたいんですけどねぇ(笑)。」

【次の茂木でタイトル獲得のチャンスがあるが…】
「ここ数日、ボックス内の日本人スタッフらの士気が上がってたんですよ。最初のマッチポイントを上層陣の前で迎えたがってるって感じでした。
ただ、茂木でドヴィに勝つとなったら、ちょっと改善しなければならない点もあるし…でなければ、無理でしょうね。」

(2018年10月07日『Gpone』記事参照)


ホンダは勝つのが好きだから、時にはリスクを負って走るマルケス選手!
今後、会計士モードには入るのか?

2018アラゴンGPまとめ その1 ホンダ&ドゥカティ[ 2018年9月29日 発行 Vol. 205

●マルク・マルケス
・タイヤ選択、WUP転倒で心変わり
・タイヤ選択、チームを説得してリスクを負う
・なぜソフトで完走できたのか?
・ミシュランのリアタイヤ、いまだ問題あり
・ホンダは勝つのが好き!
・イアンノーネには優勝させるわけにはいかない
・ヴァレンシア最終戦前にタイトルを取ってしまいたい
・会計士モードに入る可能性は?
・最終コーナーに名前はつけたくない

『note』の『Vol. 205』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』9月分マガジンは4本300円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

3 Responses to マルケス『僕はシュワンツみたいだけど、本当はレイニーになりたい』2018ブリーラムGP

  1. kawasakigenki 2018年10月8日 at 9:20 PM #

    スズキに乗らない限り、シュワンツとは認めません。

  2. ヤマハ一筋 2018年10月8日 at 11:58 PM #

    ヤマハには絶対に来るなよ!

  3. 秋刀魚 2018年10月9日 at 11:50 AM #

    実際には他のライダーを見るにドカ以外はマシンの出来はあんま変わらないんだろうなぁ。
    マルケスの腕だけでこれだけの成績を残している感じだから、「~っぽい」っていうよりマルケスらしいでいいんじゃね?

コメントを残す

 

Top