Moto2 category

フェナーティ事件、ライセンス停止期間が短縮

『フェナーティ:ライセンス停止期間が短縮』




★10月29日午前、ローマの連邦裁判所で、今年9月のミザノ決勝戦でロマーノ・フェナーティがステファノ・マンズィに加えた行為について審議され、フェナーティ側より処罰の軽減が要請された。

★フェナーティ選手の協力的かつ自省的な姿勢が酌量に値するとし、ライセンス停止期間の短縮が決定された。

★当初、ライセンス停止期間は8ヶ月間だったが、5ヶ月間と10日に短縮された。

★フェナーティ選手はこれにより、2019年2月21日よりレース参戦が可能となる。
(※なお、同ライセンスはあくまでイタリア国内レース参加にのみ必須であり、世界選手権参戦には無関係です。つまり、フェナーティ選手は当初より世界選手権への参戦は禁止されてません。)

★アントニオ・ディ・ジローラモ連邦検察官のコメント。
「フェナーティを十字架にかけるつもりはないが、かと言って、何もなかったふりをすることはできない。
訴訟過程においてフェナーティは謝罪していた。そう言う姿勢を取らない者も、なかにはいるのだから。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


マルケス選手が茂木で2回タイトルを決められたのは、ショウエイの『まねき猫』のご利益!?って話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4877985352″ locale=”JP” title=”罪を犯した人を排除しないイタリアの挑戦―隔離から地域での自立支援へ”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    なんかこいつを許そうとする動きあるよね

    • カル より:

      名誉挽回するチャンスを与えるのは当然の流れでしょうね。
      死ぬまで許さないという日本人的考えはクソだよ。

      • うに より:

        後方確認しつつ蹴り食らわすライダーも許されてるしねw
        そりゃストーナーも見限るわ

  2. madmax より:

    まあ、カピロッシがロケットでチャンピオン取れる世界なので仕方ないか

  3. maxtu より:

    やり直すのならイタリア選手権から地道にやって、そこでちゃんとした姿勢と評価を受けてからだよねぇ
    ひとつ飛ばしでいきなりGP復帰、なにかのキャンペーンは違うか気がする

  4. 名無しの権兵衛 より:

    許されてももう一回やるまでがテンプレ

    • ふみ より:

      というか今回も不適切行為の初犯じゃないし
      サーキット走行中に並走者に蹴り食らわせたり
      キルスイッチイジったり根っからのクズだよフェナティ
      庇ってるのは逆張りじゃねえかな
      ロッシのチームもチームルール破りまくってクビになってるし
      更生の余地はない

  5. ヒミカ より:

    改めてmoto3時代のレース見ると
    優勝した選手にレース後マシン乗りながら肘当てたり(自分は2位)
    素行悪すぎる永久追放でどうぞ

  6. 中上油公 より:

    レース界はオープンに見せておいて、大人な対応をしてるフリをしてるだけでまさかレースに参加しようとかフェナティは思わないよなぁ~。そこまで空気読めない男じゃなかろう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP