ドヴィツィオーゾ『問題は新カウルではなくヴィニャーレス』2017カタールテスト

Pocket

『ドヴィツィオーゾ:問題は新カウルではなくヴィニャーレス』

dovizioso-carena.jpg


★3月11日(土)、モトGP公式カタールテスト2日目をアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が13位で終えた。

★ドヴィツィオーゾ選手は本日、新カウルのテストを行っていた。ウィング内蔵型ではない。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「効果バツグンですね。けっこうな貫禄でねぇ(冗)。第一印象は良いです。うちのエンジニア陣は実に良い仕事をしたと思いますよ。新たなレギュレーションで規制されているなか、効果のあるエアロダイナミクス荷重を創り出すのは難しいことですからね。結果には満足してますよ。」

【効果のほどは?】
「去年のウィングと同じですね。最大限の安定性で加速できるようになりました。ネガティブ面もあるんですけどね。ウィングの時もそうだったけど。」

【ネガティブ面とは?】
「言いませんよ(笑)。」

【レースで新カウルは使う予定?】
「まだ決めてません。ここのトラックでもう使うことにするのか、別の所からにするのか検討しないとね。今、それは優先事項じゃないんで。必須事項じゃないんですよ。」

【明日、決めるつもり?】
「明日は別のテストをするんですが、いずれにせよ、レースウィークエンドでも簡単に取り入れることはできるから。どう言う数字が出るかははっきりしてるし、ウィングに関してうちは経験豊富ですからね。だから、この点に関しては全て想定内ってことです。」

【新カウル公開が遅すぎたのでは?】
「そんなことないですよ。結局のところ、新しい物ってわけじゃないし。ウィングと同様の効果が出るように再検討されたわけで、うちのエンジニア陣は実に優秀ですからね。開発にはテストが重要だったんですよ。」

【昨日、マルケス選手が新カウルを使ったら、荷重配分が異なり転倒してしまっていたが…】
「うちのとは100%別物ですからね。どんな効果があるのか実際のところ分からないし、エアロダイナミクス荷重がどのぐらい出てくるかにも依るだろうし。」

【今日はどんな作業を?】
「トラック・コンディションがすっかり変わってしまったんですよ。グリップもイマイチで、僕が走り始めた時はかなりの強風だったし。マシン操作は大変だったけど、今日、こう言うコンディションになってくれて良かったです。レースウィークエンドもこうかもしれないから。だから、どの方向に進むかを理解するための作業が重要だったんです。」

【上手くいった?】
「満足ですよ。昨日みたいは感じではないですけどね。今日のタイムはうちの真の実力ではないから。こう言うコンディションの中で信頼感や限界点をより掴んでいくための作業をしてたんです。ラストに柔らかめタイヤを履いたんですが、興味深いテストになりました。強い走りはしなかったけど。他の点についての作業をしなければならなかったんで。上位には食い込めていたでしょう。でも、レースに向けて必要なのは、そっちじゃないから。」

【ヴィニャーレス対策の方を考えている?】
「最強だってところをまたもや証明してましたね。コンディションがさらに厳しくなった時、それなりのタイムを出していたのは彼だけでしょ。問題は彼なんですよ。新カウルの方ではなくね(笑)。」

【明日のテスト最終日の予定は?】
「レースシミュレーションがしたいんですが、コンディション次第ですね。」

(2017年03月11日『Gpone』記事参照)


コンディションが良くなりますようにクリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , ,

One Response to ドヴィツィオーゾ『問題は新カウルではなくヴィニャーレス』2017カタールテスト

  1. maxtu 2017年3月12日 at 12:30 PM #

    文章越しだからなんとなくだけど、ドヴィがいつもより饒舌のような気がしますね(笑)
    手応えがあるようだし、開発も自分中心でやれているからエースの風格さえ感じます。
    イアンノーネよりロレンソと組むのもストレス溜まらないし、今年はひょっとするか?

コメントを残す

 

Top