マルケス『PPとペースは嬉しいが、ドゥカティに要注意!』2017オーストリアGP

Pocket

『マルケス:PPとペースは嬉しいが、ドゥカティに要注意!』

motogp-austrian-gp-2017-marc-marquez-repsol-honda-team-5141309.jpg


★8月12日(土)オーストリアGP予選でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が、世界選手権キャリア70回目のPPを獲得した。

★マルケス選手のコメント。

「今日のPPは嬉しいですね。去年、ここでは本当に苦戦してましたから。ところが、今年は120%の状態でスタートできちゃってねぇ。ギリギリの走りなんですが、ペースは周回ごとに良くなってます。マシンにちょっとしたモディファイを加える度に良くなるんですよ。PPスタートして、次に重要なのは第1コーナーですね。でも、特に嬉しいのはレースペースなんですよ。でも、明日の様子も見ていかないと。気温が今日より上がりそうだから。明日はタイヤ選択が鍵になるでしょう。でも、厳しい戦いになりますよ。とにかく、ドゥカティ勢力が強いから。」

【今日のPPはチーム作業の賜物…】
「うちがやってきた作業には大満足です。特に、夏休み中のブルノテストですね。一歩前進できたし、ブルノGP翌日のブルノテストでも作業を続けることができたから。トラックは違うけれど、うちはオーストリア戦のことを念頭に入れながら作業してきたんです。今回は去年と違うセッティングで始めたんですが、かなり良いですよ。僕はベストの走行ラインを刻み、周回ごとにどんどんアクセルを開いていくことだけに集中してれば良かったんで。」

【レースに向けてのタイヤ選択は?】
「ドヴィツィオーゾが予選でミディアムを使ってたじゃないですか。と言うことは、レースに向けてのタイヤ選択に新たな可能性が生まれたってことでしょ。今日、僕はソフトとハードしか試してないんです。ミディアムは昨日試しただけなんで…でも、全員がミディアムにしそうな可能性もありそうですよね。明日、ミディアムを試して決めるつもりです。ハードで1分24秒1で周ったとは言え、(ミディアムも)良い選択になりそうですよね。」

(2017年08月12日『Motorsport.com』記事参照)


『note』のモトGP枕話、無料で閲覧できます!
今回は、2018年モトGPシートの話。
意外なモト2選手がモトGP昇格を狙ってたりとかね。

今年もドゥカティの楽勝かと思いきや…

ずっと恐ろしいいね!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top