MotoGP

アレイシ・エスパルガロ『以前はホンダかヤマハしか優勝できなかったけど…』2021イギリスGP

『エスパルガロ:以前はホンダかヤマハしか優勝できなかったけど…』

★8月29日、イギリスGP決勝戦でアレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)が3位だった。

★エスパルガロ選手はアプリリア機での初表彰台である。

★エスパルガロ選手のコメント。

【現在の心境は?】
「最高に嬉しいですね…まるで夢みたいですよ。ここに至るまで極めて長い道のりだったけど、僕はこのプロジェクトのことをずっと信じていたから。僕にとってもアプリリアにとっても、夢見たいなもんですからね。
チーム全員に感謝しているし、今日はミスなしで全力を尽くすよう頑張りました。『今日はやれる!』って思ってたんで。
今回の表彰台は妻ラウラに捧げます…厳しい時も、いつも、僕のことを支えてくれてたんで。」

【表彰台獲得が常に頭から離れなかった…?】
「今シーズン、表彰台に上がれるかどうかが重要でしたから。ただ、本当に重要なのは常に改善し続けることで、それに関しては出来てますからね。
うちは最高の仕事をしてきたと思うし、かつてないぐらいトップ陣に迫っていってますから…今回のリザルトで、さらなる改善を目指そうって気持ちが出てくるでしょう。
アプリリアにとって本当に良かったですよ…こう言う結果が出るべきだろうって、思ってましたから。何年か前は本当に苦戦していたけど、絶対に諦めなかったんです。今は諸々が然るべき方向に進んでくれていて…こう言う結果が出て、当然なんですよ。」

【今後は?】
「もっともっと結果を出していきたいです…これで充分なんてことはないんで。初表彰台は獲得したわけだから、少なくとも今後はプレッシャーが減るでしょう。
次戦はアラゴンだし、あそこは好きなトラックなんですよ…もしかしたら、もっと好成績を狙えるかもしれないし。うちは絶好調だし、通常、アプリリア機はあそこで強い走りができるしね。
しかも、ファビオ(クアルタラロー)は、アラゴンのトラックがそれほど好きじゃないから、ちょっと遅めのレースになるかもしれないでしょ。
目標は、次回も表彰台争いをすることです…まぁ、毎回、そう言う目標で走ってるんですけどね。」

【マーヴェリック・ヴィニャーレスほどの選手が、アプリリアに入るとは思っていなかった?】
「マーヴェリック加入は、今シーズの初め頃なら誰も信じなかったでしょうね。今シーズン序盤の時点では、ヤマハからアプリリアに移籍するなんて10歩後退って感じだったから。
ところが、色々と変わってきて、いまやアプリリア機の戦闘力はかなりのものでしょ。まだヤマハ機と同格とは言えないだろうけど、マーヴェリックの力で変えていくことはできるでしょう。
ミザノでは完全に別世界ってことが分かるでしょうね…まぁ、アプリリア機で楽しめるんじゃないんですか。」

【今日のレースでは、すべてがスムーズに進んだの?】
「いやいや、全然ですよ!ある時点ではマシンが止まりそうになってしまい…1速落としたら直ったんです。一瞬、心臓が止まるかと思いましたよ。
いったい何が起きたものなのか…まぁ、すぐに元の状態に戻ってはくれたんですが。ちょっと順位を落としてしまって…もしこの問題がなかったら、ファビオに食いついて行けたかもしれないですね。まぁ、結果オーライだけど。ファビオに食いついて行ってたら、もしかしたら、後続を引き離して2位になれてたかもしれないけど…まぁ、とにかく、結果オーライなんで。
でも、終盤ではミスってしまったんですよねぇ…リンスに集中しすぎてしまい、最後のハードブレーキング地点で後続のミラーに対してスペースを空けてしまったんですよ。
でも、調子が良かったんで、トラクションをフル活用してミラーを抜き返しました。とにかく、今日は僕が表彰台に上がるべきなんだって思ってね。」

【現在、戦闘力の高いメーカーが増えており、以前とは様相がかなり異なるが…】
「現在のモトGPのレベルは、一言でいうとイカれてますよ。かつてないほど高くなっているんで。
速いメーカーが多くなっているし、優勝や表彰台を狙えるマシンも増えてるじゃないですか。技術開発もかなり進み、もう何でも有りって感じですからね。
以前はホンダかヤマハしか優勝できなかったけど、今はガラリと変わって良くなりましたよ。各メーカー機はそれぞれ異なっているのに、レベルはけっこう互角ですから。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Motorsport.com

アプリリアはヴィニャーレスを獲得して大丈夫なのか?って話は、『2021オーストリアGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP