SBK SuperBike

レオン・ハスラム転倒まとめ:2013SBKアッセン

なんか今年のスーパーバイクは、初っぱなから続いて、転倒のケガが多いようですなぁ。

『ハスラム:脛骨・腓骨を骨折』

omnicorse-haslam.jpg


★SBKアッセン戦、金曜午前のフリー走行中に転倒したレオン・ハスラムは、検査の結果、左足の脛骨・腓骨を骨折している事が分かった。

★転倒後すぐにハスラム選手が強い痛みを訴えたため、モバイル・クリニックに医師団が病院へ搬送させていた。その後、オランダのフローニンゲン州にある専門医院へと移送され、その日のうちに手術が行なわれる模様。

★この手のケガの場合、3〜4ヶ月の快復期間を要するものとされるが、2010年のヴァレンティーノ・ロッシのように40日程で復帰した例もある。

(Source:2013年04月26日Omnicorse.it記事より抜粋)

で…こちらが、その転倒した際の映像です。
解説の方々が「スイングアームとタイヤの間に足がはさまった」と言ってるようですが…



そしてハスラム選手の方はですね…
あぁ、けっこうツイッターを出してるようなんで、お元気そうですね…
うっ…でも、レントゲン写真が…痛々しい。

《骨折はちょうど膝の下で、ホイールにやられて横にボキッといった。これから更にレントゲンや検査等…》

あぁぁ…そして翌日には、ハスラム選手…こんなんRTしてますなぁ。

《痛みは人を変え、強くもしてくれる。》




よし、また1つ強くなった!クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP