MotoGP

2015セパンテスト2【セッション1リザルト&トピックス】モトGP

rossi-sepan2-gpone.jpg

『第2回セパンテスト セッション1 トピックス』

★第2回モトGP公式セパンテストが2月23〜25日までの日程で開始した。初日の今日は灼熱地獄と、その後は恒例の大雨。コース・コンディションは2週間前の第1回テストと異なる。

★本日、2分01秒の壁を破れたのはロッシ/ペドロサ/ポル・エスパルガの3選手のみ。ちなみに第1回セパンテスト初日(2月4日)には6選手いた。

★なお、セッション終了の1時間40分前に雨が降り始めたため、気温が下がってきたセッション終盤に向けてのタイムアタックが困難ではあった。セッション終了30分前、雨は更に激しくなり、レッドフラッグにより複数回中断された。

★首位はヴァレンティーノ・ロッシの2分00秒414(ヤマハ・ファクトリー)。今回はロッシ/ロレンソ両選手共、待望の新シームレスギア搭載(※シフトダウンでも機能)マシンを使用している。

★2位はダニ・ペドロサ(ホンダ・ファクトリー、+0.129)。セパンは得意なコース。ペドロサ/マルケス両選手は、第1回セパンテスト時にシェイクダウンした新マシンの作業を継続。

★3位はポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3、+0.462)で、今回のテストの目標はペース面に手を入れて行く事。1ラップ単位では既に好調。

★4位は嬉しいサプライズで、アレイシ・エスパルガロ(スズキ・ファクトリー、ポルの兄、+0.641)。エスパルガロ選手はスリップ転倒したが、ケガはなし。
スズキ機は先のテストでは『信頼性』を取り戻し、今回は馬力面でも追いついてきている。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスも好調で、9位(+0.903)。

★ホルヘ・ロレンソは5位(ヤマハ・ファクトリー、+0.748)。マルク・マルケスは6位(ホンダ・ファクトリー、+0.776)。

★第1回セパンテストでは1ラップの好タイムが出せずに苦戦していたカル・クラッチローが、今回は7位(ホンダLCR、+0.808)。

★10位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・ファクトリー、+0.941)は、自己最高タイムはGP14.3機で記録。新GP15機のテストも軽く行なっていた。
チームメイトのアンドレア・イアンノーネも同様(15位、+1.728)だが、GP15機での走行はもう少し長かった。
両選手とも、早々に新マシン試乗を希望していていたが、午後は雨により思うようにできなかった。
なお、当初の予定ではGP15機のシェイクダウンは、初日にテストライダー(ミケーレ・ピッロ)のみが行なう予定だった。

★アプリリアはアルヴァロ・バウティスタは12位(+1.326)と好調ながら、チームメイトのマルコ・メランドリは最後尾の27位(+3.586)。なお、ART機(※アプリリアのCRT機)に乗っているアレックス・デ・アンジェリスは26位(チーム・イオダ、+3.552)。

★ロッシ/ペドロサ/バウティスタ/ポル・エスパルガロ/クラッチロー選手らは、ウェットコースでも走行。同様にルーキーのミラー&ヴィニャーレス両選手も、初めてブリヂストンのレインタイヤを試していた。

(2015年02月23日『Gpone』記事参照)
(2015年02月23日『Gpone』記事参照)


『第2回セパンテスト セッション1 リザルト』

2015_MotoGP_Test2__Sepang_classification_1.jpg



[amazonjs asin=”B000060NAK” locale=”JP” title=”恋はみずいろ~ヴィッキー・ベスト・セレクション”]

久し振りに、恋はみずいろ♡クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP