MotoGP

ブリヂストン『ホンダとヤマハにエクストラハードを勧めた』2015アルゼンチンGP

『ブリヂストン:ホンダとヤマハにエクストラハードを勧めた』

bridgestone-gpone.jpg


★昨シーズンのアルゼンチンGPは気温が高く、タイヤ消耗率が高かったため、今回、ブリヂストンは特別に『エクスタラハード(黄色いライン)』を用意してきた。
なお、ヴァレンティーノ・ロッシは決勝戦で同タイヤを使用し、優勝を決めた。

★終盤ラップで問題が生じていたマルク・マルケスは『ハード(赤いライン)』を使用していた。

★ブリヂストンのマサオ・アズマ氏(モータースポーツ・タイヤ・デベロップメント部門エンジニア)が次のようにコメントした。
「リアのエクストラハードは2つの理由から研究されたタイヤで…タイヤの左側エッジの温度上昇に耐えることと、右側エッジの消耗率を抑えることです。今回のアルゼンチン戦に投入したのはこのためで…アルゼンチンは気温が極端なんで、タイヤへの要求が実に多いんです。
ヴァレンティーノ・ロッシのパフォーマンスは、このタイヤが実に良い働きをしていた事を証明してましたね。(ロッシ選手は)レース後半、特に強かったし、第20ラップでレコードラップを更新し、4秒も差がついていたマルケス選手を倒したんですから。」

【では、ホンダ&ヤマハ選手にとってはエクストラハードが最良の選択だった?】
「今回のレース・ウィークエンド中に我々が行なった分析を基本とし、ホンダやヤマハへはリアにエクストラハードを使用することを勧めましたが…ただ最終的に各選手は、レース戦略とマシン・セッティングを基本とし、各自で決定していました。レースに向けてのタイヤの最終決定は選手によっては本当に難しく…レースでの気温は、レースシミュレーションが行なわれた時よりも低かったですからね。ロッシ選手がエクストラハードで維持したリズムとスピードは凄かったですよ。ただ、マルケス選手も実に強いリズムで操縦し、優勝をかけて勝負してましたね。
それにクラッチロー選手(※レースで3位)がハードを使ってたんですが、最終ラップでは自身のベストラップを刻んでいたので…ハードタイヤでも好パフォーマンスを提供できていた事は明白でしょう。アルゼンチン戦ではタイヤコントロールがレースの鍵となったわけですね。ホンダもヤマハも、ハード/エクストラハードのどちらでも、勝てるパフォーマンスを引き出すことができたと言うことです。」

(2015年04月21日『Motograndprix』記事参照)
(2015年04月21日『Gpone』記事参照)



[amazonjs asin=”B0054IDPBO” locale=”JP” title=”VO5 スーパーキープ ヘアスプレイ (エクストラハード) 無香料 330g”]

次は5月3日へレス戦…お楽しみクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. クラッチ郎 より:

    A氏 「レコードラップを更新し、4秒も差がついていたマルケス選手を倒したんですから。」

    M氏 「たしかに いたかったです…..。」

    V氏 「・・・・・・・。」

  2. vale46 より:

    この写真Yamahaの新しく成ったマフラー部分がはっきり見れてました感謝、余談ですが今年のDucatiの細部の写真など有りましたら是非掲載して頂けると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP