BSB

2015 BSB オールトンパーク【決勝レース1・レース2 リザルト&トピックス】

bsb-2015-oulton-park-race2-easton.jpg

『2015 BSB オールトンパーク 決勝トピックス』

[レース1]
★5月4日(月)、ブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)オールトンパーク戦の決勝レース1が行なわれた。

★トミー・ブライドウェルが『Tyco BMW』チームでの初優勝を決めた。

★PPスタートのジョシュ・ブルックス(ヤマハ)は僅差で2位。

★3位シェーン・バーン(カワサキ)4位スチュアート・イーストン(カワサキ)、5位リュウイチ・キヨナリ(BMW)。

★第1ラップで転倒続出、ケガなし(ブロック・パークス、ジャック・ケネディ、ダニー・バカン)。

(2015年5月4日『Britishsuperbike.com』記事参照)

bsb-2015-oulton-park-race2-kiyonri.jpg


[レース2]
★5月4日(月)、ブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)オールトンパーク戦の決勝レース2が行なわれた。

★スチュアート・イーストン(カワサキ)が2010年以来、久し振りの優勝を獲得した。

★2位ジェームズ・エリソン(カワサキ)。3位ジョシュ・ブルックス(ヤマハ)は本日2回目の表彰台。

★トミー・ブライドウェルが第3ラップでリュウイチ・キヨナリを抜き、首位に出たものの、第4ラップで転倒リタイヤ。

★キヨナリ&バーン両選手により首位争いが繰り広げられていたが、ゴールまで後2ラップと言う所でキヨナリ選手がバーン選手の後輪に衝突し、両選手とも転倒リタイヤ。

(2015年5月4日『Britishsuperbike.com』記事参照)

★清成選手コメント
「レース1では『SC0』タイヤを使ったのが初めてだったんですが…レース2はセットアップも少し変えて、快適な感じがしていたし…フィーリングにも慣れてきてました。信じられないぐらい良い感じだったんで、自信も出てきてました。シェーキー(シェーン・バーンの愛称)との競合いも、クラッシュするまでは楽しんでたんです…まるで去年の時みたいでした!『Hizzys 』に入って行く時の、僕らの進入スピードが全然違っていて…僕の方がスピードが出てたんですが…でも言い訳はしたくないです。
僕はずっと『行け、シェーキー、行け』って思って…ちょうどブレーキに触った瞬間、『No,no,no』って…。彼を転倒させてしまった時は胸が痛みましたが…僕の方は大丈夫です。僕に言えるのは、シェーキーと、うちのチーム、そしてファンの皆さんに『すみません』と言うことだけです。もっと競合いを続けられたはずなのに、それをぶち壊してしまった。レースの後で謝りに行ってきました。スネッタートン次戦(6/21)までしばらく間があるんで、気を取り直すにはラッキーでした。今回のリザルトは嬉しくないし、がっかりしてます…レース2に向け、チームのこともマシンのことも喜んでたんですから。」

(2015年5月4日『Britishsuperbike.com』記事参照)




『2015 BSB オールトンパーク 決勝レースリザルト』

[レース1]

bsb-2015-oulton-park-race1.jpg


[レース2]

bsb-2015-oulton-park-race2.jpg



[チャンピオンシップ スタンディング]

bsb-2015-oulton-park-standing.jpg



[amazonjs asin=”4777934837″ locale=”JP” title=”BMW Motorrad Journal 3 (エイムック 3024)”]

次戦は表彰台祈願クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP