スミス(KTM)『あと0.5秒削らねば』2017カタールテスト

Pocket

『スミス(KTM):あと0.5秒削らねば』

smith (2).jpg


★3月12日(日)、モトGP公式カタールテスト最終日をブラッドリー・スミス(KTMファクトリー)が21位で終えた。3日間総合も21位。

★チームメイトのポル・エスパルガロは22位。3日間総合も22位。

★両選手とも首位とのタイム差は約2秒。

★KTMにとっては冬季テストのなかで、今回のカタールが最も厳しいものとなった。

★ポル・エスパルガロ&ブラッドリー・スミス両選手は開幕戦で使用するフレームを決めねばならなかったのだが、エンジンと電制システムに問題が生じてしまった。エスパルガロ選手がレースシミュレーションを完走できていたので、信頼性の問題ではなくパフォーマンス的に問題が生じているのだ。

★ポル・エスパルガロ選手のコメント。

「大量の新マテリアルを試してみたんですが、ここはうちにとっては最悪トラックなんだと思います。これぐらいなら良いなぁと思う位置より、もう少し遠くにいたって感じですね。でも、僕はユーズドタイヤで長いコーナー立ち上がりに集中し、マシンに何が起きるかを分析していたもんですから。良いアイディアもいくつかあるし、きっとタイムはもっと削れてただろうけれど、とにかくレースの方に集中したかったんです。他のマシンと比べ、加速とコーナリングでもうちょっと何か足りないんですよね。ブレーキングは良い感じだけど、トラクションと電制システムのせいでタイムロスしています。」

★ブラッドリー・スミス選手のコメント。

「進歩のほどに満足してます。初日と比べて2秒半速くなりましたから。マッピングと電制システム関係の作業をしました。良い感じで進歩してこれたし、電制システムは特にそうでしたね。レースで更にコンスタントに走れるようなものが見つかったんで、つまり、皆、良い仕事をしたってことですよ。
タイムに関しては、あと0.5秒どうにかしないと。すぐ上にいる選手らには引き離されてないが、その上のグループとの間には溝がありますね。ポイント争いをしようと思ったら、そのグループに加わっていないと。」

(2017年03月13日『Gpone』記事参照)


KTMエンジニアの皆さんも、がんばって!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top