Results SuperBike

2015 SBK ラグーナセカ【FP2リザルト&トピックス】

sbk-2015-laguna-seca-fp2-davies.jpg

『2015 SBK ラグーナセカ FP2トピックス』

★7月17日(金)、SBKラグーナセカ戦FP2が行われた。

★首位はチャズ・デイヴィス(ドゥカティ)の1分23秒633。最終セクターが特に速い。リズムの方は、新タイヤだと1分23秒後半で、ユーズドタイヤでは1分24平均。
かつてAMAスーパーバイク選手権参戦の経験があるので、同コースには慣れている。

★2位はトム・サイクス(カワサキ、+0.156)。出走して早々に自己最高タイムを記録し、その後、リアに新タイヤは使用せず。

★3位はダヴィデ・ジュリアーノ(ドゥカティ、+0.225)。コース後半セクターでの戦闘力が高い。セッション終盤、第2コーナーで低速走行中にスリップ転倒。

★4位はジョナサン・レイ(カワサキ、+0.388)。高温の路面温度(43度)でのタイヤ持久面を研究中。リズムは6周回を1分24秒前半で周る安定性を見せていた。

★アイルトン・バドヴィーニは第3コーナーで転倒、ケガなし。

(2015年7月17日『Gpone』記事参照)


『2015 SBK ラグーナセカ FP2リザルト』

sbk-2015-laguna-seca-results-fp2.jpg


[amazonjs asin=”B00XVN1FD4″ locale=”JP” title=”Bikers Station (バイカーズステーション) 2015年8月号”]

レッドクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP