MotoGP

ステファン・ブラドル問題はどう解決されるのか?:ジョヴァンニ・ザマーニ

『ザマーニ:ブラドル問題はどう解決されるのか?』

★昨シーズン、マルク・マルケスが上腕骨骨折により欠場が続いたため、ステファン・ブラドル(ホンダHRCテストライダー)がほぼ全シーズンにおいて代役参戦した。
また、ステファン・ブラドルはテストライダーとして、正規ライダーが参加できない走行テストにも出走していたため、誰よりも周回数を重ねている。

★同件について今年2月中頃、まずKTMから、そしてペトロナスSRTから、「シーズンを通じて、テストライダー役と正規ライダー役を兼任させるのは公平ではない」と言う批判が上がった。

★実際、ブラドルテストライダーは今シーズンに向けてヘレスで6日間のテストをこなし、カタールではシェイクダウン(※今年は1日のみ。正規ライダーは参加できない)でも走行しており、今回のカタール2日間テストでは総合5位に就いている。また、今シーズンもマルケス代役としてシーズン序盤戦に出走する予定である。

★他の正規ライダーらは今のところ、昨年11月22日のポルトガル最終戦以来、今回のカタールテスト2日間しか走行していない。

★しかし、同件に関し、ホンダ側はレギュラー違反は一切していない。なぜならば、ケガで欠場している選手の代役参戦について回数制限は設けられていないからだ。なお、これまで、正規ライダーがこれほど長期間欠場した前例はない。

★同件に関して異議を唱えているのは、今のところ、KTMのピット・バイラ氏およびペトロナスSRTのヨハン・スティゲルト氏のみであるが、おそらく、カタールGP(3/26〜28)からドーハGP(4/3〜5)の最中にMSMA(メーカー協会)の会合が行われ、レギュレーションが改定されるものと思われる。

★同件についてイタリアサイト『Moto.it』が各メーカーに問い合わせたところ、現状を解消したいと希望はしているようだが、なかには経済的に厳しい状況におけるレギュレーション改定は間違いではないかと考える者もいた。つまり、ステファン・ブラドルをマルケス代役のみと定めた場合、ホンダは新たなテストライダーを探さなければならず、現状において、そうしたハイレベルなライダーを見つけるのは困難であろうと言う理由からだ。

★おそらく最終的に、スポーツ的と言うよりは政治的な理由による解決策が取られることになるだろう。

※以上は、ジョヴァンニ・ザマーニ記者(イタリア衛星放送『Sky』レポーター)による記事をまとめたものです。

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. 大魔王 より:

    ブラドルをマルケスの代役としてテストライダーを新たに設けるのならホンダからしたら、
    ブラドルにレースで走ってもらうデータとテストライダーが走るデータが今までと変わらず手に入るのだから何も変わってないのでは?
    ブラドルが去年上位に付けてポイントを稼いでるのなら別だけど、
    ホンダからしたら経済的な面でしか変わらないしホンダには数々のライダー(バウティスタとか)が所属してるからむしろ今回のルール改正は経済的に厳しいチームにしかマイナスになってないような?
    個人的にはバウティスタにはSBKに集中して欲しいけど

  2. ピッコロッシ より:

    異議を唱えている人たちは、今回ホンダが得して「ずるい!」というよりも、ルールの抜け穴があることを懸念しているのではないでしょうか?
    トップレベルのライダーをあえてテストライダー契約して、正規ライダーを怪我とか病気という理由を付けて一年間代役参戦させればテストも多くこなしながらレースも出れるので、例えばチーム移籍したライダーには新バイクにアジャストする機会も増やすという理由であえてそうする事も可能ですし。もしドビがホンダとテストライダー契約していて、結局一年間マルクの代役参戦してチャンピオン取っちゃったら大問題だからそういう事を想定しているのかなぁと思いました。(ブラドルが今年トップ争いしても同じことですが
    ) 乱文長文失礼しました。

  3. 大魔王 より:

    テストライダーをトップレベルのライダーに変えて代役で出てもらうとありますが、
    正規ライダーを怪我とか病気という理由を付けて一年間代役参戦させれば←motoGPで走れるだけでも天才に等しい才能を持ったライダーがレースで大怪我をしたり元々病気を持ったライダーがどこにいるんでしょうか?

    記事にもあるように今回マルケスが負ったような怪我は凄く稀なケースで何十年と続くmotoGPの歴史でも初めてです。
    そんな起きるかどうかも分からないような前例に難癖付けるより自身のチーム力アップに集中した方が私は良いと思います

  4. happyone より:

    代役がチャンピオン取ったとして何が問題?

  5. Sola より:

    正規ライダーをテストライダーとして登録してテスト制限を回避するという抜け道があるのは問題では?
    例えばマルクの怪我を理由でテストライダー登録にして、テストをしながらブラドルの代役として全戦参戦させることもできるんだから。

  6. すぱおー より:

    言ってるの主にKTMだからなぁ…moto3の頃からホンマに…もううるさいな

  7. POP84 より:

    今回のような場合だと、コンストラクターとチームポイントの除外が落としどころのような気がするな。
    そうそうエースライダーの復帰時期が未定のままシーズン突入なんて例は無いだろうし…

  8. maxtu より:

    落としどころはテストライダー登録で代役参戦すれば個人ポイント以外は除外か半分でいいんじゃない?
    なんらかの不利益を与えればクレーム側も黙るでしょ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP