MotoGP

シッチよ永遠に…:フォト・ギャラリー

モトGP『シッチよ永遠に…』

さよなら、マルコ。考えさせてももらったし、夢中にさせてももらった。僕らは君のことが大好きだった。



《やったぜ。強くて、タフで、優しい奴…俺がシッチだ。》



やあ、マルコ。強すぎて君にはついていけないよ。



オートバイレースでもボクシング同様、真実の瞬間がある。



サン・カルロのアルベルト・ヴィタローニ社長、ファウスト・グレジーニマネージャーと。



縁石を縫う。



伊オートバイレース界の未来だった。皆も、それに納得し始めてたんだ。



獰猛な目つき、コースでは荒々しかったが…意地の悪さはなかった。



家族がマルコの切り札だった。強い団結、そして互いに大切にし合っていた。



シッチとストーナー。シッチの未来にはモトGPタイトルが描かれていた。
度胸と、それを生み出す力を持っていたのだから。



少し悲しげなシッチ。表彰台のせいじゃない。だって、もっともっと上がりたかったのだから。



ヴァレンシアGPの際に設置された追悼スペース。いつまでも僕らと一緒だよ。



あのロレンソ選手とのカンファレンス対決。
「僕を逮捕しに来るだろうよ。」の辛辣な一言は、皆を、そしてホルヘをも驚かせた。



雌ライオンらに囲まれた雄ライオンは…いつだって愛するケイトを想っていた。



マルコははったりを使えなかった。顔を見れば、どんな手札かは一目瞭然だったものだ。



《意地なんて悪くない。そういう風に書かれるけれど。》



君のことは決して忘れない。



世界中で最も好かれていることをする時、なぜ真剣になるのか。



遠くを見つめている時は、夢見ている時だった。



面の皮の厚いライバル達のことだって笑わすことができた。彼らは忘れないだろうな。



僕さ、シッチさ。



オーストラリアでチャンピオンの座についたストーナー選手。その傍らにはシッチもいた。



ピンクフロイドの古いLPジャケットのようではないか。



そうだね、マルコ。素敵なサプライズだったよね。



古風なヘルメット。今時の…だが、まるで別の時代のようなライダーにしては。



息子であり、婚約者であり、友達だったシッチ。



ウェイン・レイニーなら言ったことだろう。「彼はレースをしてたんだ。ぶっ飛ばしてね。」と。



(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2011年12月26日




上から9枚目のご家族の写真…後列右端にいるのはロッシの彼女さんだと思うんですが
なんか、もうロッシ夫人って言ってもいいぐらいの貫禄があるんじゃ。


シッチ、天使はウィリー上手になった?クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP