MotoGP

2015ヘレステスト【モトGP&SBK:初日リザルト&トピックス】

『ヘレステスト:マルケス、早々にトップ』

motogp-jereztest1.jpg


★11月25〜27日までヘレス・サーキットでモトGPおよびSBKテストが行われた。なお、モトGPのヤマハチームは参加していない。

★モトGP機にはトラスポンダが搭載されておらず、各チームより非公式タイムが通達された。

★初日25日、首位タイムはマルク・マルケス(ホンダファクトリー)の1分39秒92。1分40秒の壁を唯一破ってみせた。

★2位はダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー)の1分40秒12。

★マルケス&ペドロサ良選手はテスト用マシンをそれぞれ3台ずつ使用。1台はRC213V機の2015年版で、電制システムも旧型。あとの2台は2016年版エンジンと新ワンメイク・ソフトウェアが搭載されている。

★3位はミケーレ・ピッロ(ドゥカティ、テストライダー)の1分40秒2。ヴァレンシア最終戦で使用されたGP15機に2016年版電制システムを搭載。

★ドゥカティのプライベートチーム『アスパー』のジョニー・エルナンデスおよびユージン・ラヴァティ良選手は、GP14.2機を使用。両選手とも新電制システムは初めて。

★エルナンデス選手が1分41秒2。ラヴァティ選手はそれより0.6秒遅い。

★SBKの公式首位タイムはニッキー・ヘイデン(ホンダ)の1分41秒512。しかし実は、アレックス・ロウズ(ヤマハ)が1分40秒9を記録している模様。

★SBKヘレステスト初日、タイム表
sbk-gpone-jereztest.jpg


(2015年11月25日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B010SP7SO2″ locale=”JP” title=”MotoGP 15″]

ケンタッキーキッド、頑張れ!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. TKM より:

    ニッキーがトップ・・・
    これは驚いた、CBR機は劣ったマシンだと思っていましたが・・・

  2. kagemaru より:

    しかし、YZF-R1のSBKはオープン機勢と楽に走れちゃうくらい?
    恐ろしいなあ・・。

    >3位はミケーレ・ピッロ(ドゥカティ、テストライダー)の1分40秒2。
    >ヴァレンシア最終戦で使用されたGP15機に2016年版電制システムを搭載。

    やはり、こうなるか・・。

  3. ミン より:

    ロウズは速いのは良いけど、相変わらず転倒多いな…スズキの電装のせいとか話があったが、やっぱりタイヤの限界以上攻めすぎだよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP