2018 アラゴンGP【モトGP:FP2リザルト&トピックス】

Pocket

marc-marquez-repsol-honda-tea-.jpg

『2018 アラゴン モトGP FP2トピックス』

★9月21日(金)、アラゴン戦(第14戦目) モトGPクラスのFP2が行われた。

★暑い。路面温度は午前FP1より10度高い。

★終盤は大半の選手が前ミディアム/後ソフトのタイヤ選択でタイムアタックをかけていた。

★首位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、総合首位)。セッション大半は前後輪ハードで作業し、終盤、前ミディアム/後ソフトでベストタイムを記録。
チームメイトのダニ・ペドロサは7位。FP1の18位から浮上。

午前FP1はドゥカティ天下だった。

★2位ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー)。前ソフトで作業。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは3位(総合2位)。前後輪ハードで作業。
両選手ともシルヴァーストンGP後、当トラックでテストをしている。

★4位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは19位(ルーキー)。

★5位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)。前ミディアム/後ハードで作業。後ソフトでベストタイム記録。
チームメイトのアレックス・リンスは16位。
両選手ともシルヴァーストンGP後、当トラックでテストをしている。

★6位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック、GP18機)。
チームメイトのジャック・ミラーは12位(GP17機)。
両選手ともシルヴァーストンGP後、当トラックでテストをしている。

★8位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アンヘル・ニエト)。
チームメイトのカレル・アブラハムは18位。

★9位ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは10位。
両選手ともペースもイマイチ。両選手ともシルヴァーストンGP後、当トラックでテストをしている。

★11位フランコ・モルビデッリ(ホンダ・マークVDS、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのトーマス・ルーティは21位(ルーキー)。

★13位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー・グレジーニ)。
チームメイトのスコット・レディングは20位。

★14位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。
チームメイトのブラッドリー・スミスは15位。

★17位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)。

★24位ジョルディ・トーレス(ドゥカティ・アヴィンティア、GP16機、最下位)。ティト・ラバト代役(今GPよりポンソンと交代した)。首位と3.699差。チームメイトのシメオン選手(22位、GP17機)とも1.156秒差で着実に進歩している。

(2018年9月21日『Gpone』記事参照)
(2018年9月21日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 アラゴン モトGP FP2リザルト』

motogp-fp2-2018aragon.jpg


『2018 アラゴン モトGP FP総合リザルト』

※FP2リザルトと同じ。


【ロッシvsマルケス握手問題まとめ】[2018年9月19日発行 Vol. 204 まくら話] 無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top