MotoGP

ミシュラン、ホンダに反論その1『プーチだけが理解できないなんて驚きだ』

『タラマッソ:プーチだけが理解できないなんて驚きだ』

★3月18〜20日のインドネシアGPでホンダファクトリー両選手はFP1は好調だったが、その後、後退していき、マルク・マルケスは予選15位で、日曜午前WUPでハイサイド転倒を起こし、レース棄権となった。
また、ポル・エスパルガロも予選16位、決勝12位だった。

★今回のインドネシアGPでミシュランは、酷暑を見越して2018年版カーカスのタイヤを投入していた。
なお、同トラックで従来カーカスのタイヤが使用されたテストでは、ホンダ両選手とも好調だった。

★レース後、ホンダのアルベルト・プーチ氏(チームマネージャー)がミシュランが投入したタイヤに対し、不満を述べていた

★ミシュランのピエロ・タラマッソ氏(レース部門代表)がプーチ氏の発言に対し、次のように反論した。

「驚きですね。プーチとは既に話をしたんですよ…彼は冬期テストの際は不在だったものですから。状況を一からきちんと説明しておいたんです…なぜこう言う選択をしたのかについてね。彼が知らない情報について、すべて説明しようと試みたんですけどね。
各チームの技術スタッフ全員と、そして、選手の過半数には理解してもらえたんです。実のところ、誰からも不満などは出なかったんですからね。
それなのにプーチだけが、なぜテストとレース本番でタイヤが違うかについて理解できないなんて…驚きですよ。」

【安全を考慮してと言うことなのでしょ?】
「そうです。とにかく、うちは安全が第一ですから…パフォーマンスよりも、そちらの方が上でしょ。
テストの際に使っていたタイヤは、レース距離では保たないだろうと言うことで…テストの際、気温が異常に高く、どのコンパウンドもきちんと機能していなかったんですよ。その点に関しては、選手全員と各チームも認識していました。
テスト終了後、各チームのテクニカル責任者およびマネージャー陣と話し合い、皆さんに現状を説明し、レースウィークエンド用のタイヤには変更を加える旨、きちんと説明したんです。
唯一の選択肢は2017/2018年に使用したカーカスを投入すると言うもので…ガラリと変わってしまわないよう、テストの際のコンパウンドと組み合わせることにしたんです。
そのカーカスならば、コンパウンドの温度を15~20度下げることができるものですから。とにかく、そうしなければならなかったんです。」

【路面温度はどれぐらいだったの?】
「60度ぐらいですね。セパンでさえ、そこまで上がったりはしないんですよ。今回の変更については、全員に伝えてたと言うのに…理解できない者が…理解する気のない者がいるなんてねぇ。そこが驚きなんですよ。
パフォーマンスだけを見て、不満を言われたのでは安全なんて語りようがないでしょ。
しかも選手の中には、2018年に作られたタイヤだと思っている者もいるようで(※ポル・エスパルガロを指している)…
つまり、4年前のタイヤを倉庫から引っ張り出してきたと思っている者もいるわけですからね(笑)。
かなりの想像力がないと、そんなことは思いつかないでしょうね。
今回のタイヤはテスト後に製造されたものだって言うのに。まったくもって、不思議なことばかりですよ。」

[ その2に続く ]


(参照サイト:『Gpone』)

ポル選手が「新マシンは、僕のためにあつらえられたような感じ!」って言った話は、note『2022 カタールGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
びっくりドンキー
¥6,550
(2022/09/26 00:10:58時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. HONDA頑張れ! より:

    他のメーカーは全員、タイヤが昔のタイプに変わると知っていたのでしょうか??
    インドネシアに来てからタイヤが変わるとファンもニュースで知ったように思いますが。。
    ホンダだけが知らされていなかったのでしょうか??
    持ち込みはインドネシアに来る前からミシュランが持ってきているのだから、レース前になってから急にタイヤを変えると言われても対応出来ないでしょう。。
    事前に知っていたのと急に言われたのではレースへの対応が全然違い過ぎます。。

  2. うに より:

    この人の言うとおり、全メーカーがテスト終了時に知っていたんでしょうね。

    今回の一連の流れは、ここ数年のプーチ&マルケスの言動と同じ。
    対応できなかったチームと、マルケスの焦りからの転倒。
    プーチはいつもの通り、自分の責任にならないように、
    あること無いこと言っているだけ。

  3. HONDA頑張れ! より:

    ファンもインドネシアに入ってからニュースで知ったのだから、もしテストの時にミシュランが言っていたとしても前戦で「次のレースではタイヤを昔の仕様に換える」ことを報告すべきだったと思う。
    プーチの責任云々とは関係ないと思うけど?
    ミシュランがホンダにだけ伝えていない可能性もあるし。。
    いつもはミシュランとはプラクティス中も綿密にマルケスのすぐ近くで話し合っている様子があるけれど、インドネシアではミュシュランの人は2人離れてメモを取って見ているだけでヨソヨソしい感じに見えました。。
    いつものような熱心な人ではなかった?

  4. やっぱりoffが好き より:

    いやいやいや、プロなんだから流石に4年寝かせたタイヤ使ってるなんて発想は無いし、そんなの供給しないでしょ

    でも安い店でタイヤ探すと3年落ちとか4年落ちの在庫出してるとこ有りますね
    MotoGPで供給されるタイヤには刻印なんて無いでしょうけど、タイヤ買うときは製造年週の刻印みた方が良いですねー

  5. ジョアミルミル より:

    やっぱりoffが好きさん
    油脂分が浮いて虹色になってる長期在庫見ますね…
    地元の個人店を応援したい気持ちはありますが
    タイヤは回転の早い量販店で買ってます

  6. としあき より:

    どうも双方で食い違いがあるというか
    記事見るだけだと
    ポルの「”4年前”の”構造”のタイヤを使うなんて!」ってのを
    ミシュランが「あいつ”4年前”の”在庫”を引っ張り出して使ってると思い込んでるよ」
    と言って茶化してはぐらかしてる感じ

    ただわたしはポルとミシュランとプーチのやり取り見たわけじゃないんで
    本気でポルが「俺に倉庫で4年も置き古のタイヤを使わせやがったな!」
    とミシュランに言ったのかもしれない

    けど記事見るだけだとあくまでポルは構造について文句言ってるんですよね
    「4年も前に製造されたタイヤなんてコンパウンドが劣化してるに決まってる!ふざけんな!」
    なんてポルがインタビューで言ってれば
    ミシュランの言う通りアホかよこいつってなるんですけど

  7. うに より:

    HONDA頑張れ! さん
    ホンダにだけ伝えていないなんてのはもちろんあり得ない。
    プーチの責任ってのは言うまでも無く、低迷している責任。

  8. HONDA頑張れ! より:

    4年も前のタイヤそのものを持って来たとポルは言っていないと思います。
    テストで走ったタイヤを止めて昔のタイプのタイヤに急に変えられたことを言っているだけでは?
    とにかくテストの時に言うだけでなく前戦で次戦では昔のタイプを持ってくると公式にニュースになるような発言をして欲しかったというだけです。
    プーチはテストに居なかったとミシュランが言っているのだし他のメーカーには言ったという中にホンダだけ居なかった可能性もある?
    ホンダへのイジメが始まったとか??
    ミシュランは変えたタイヤのグリップが低いのも認めていたし、ホンダには向かないタイヤだったのかも。。

  9. 元草レーサー より:

    プーチの発言は、メーカーのプライドとライダーを慮ってのことかと思います。せっかくホンダは変わったと見られているのに、それとライダーが適応できなかったと言われるのを避けるために、とりあえずタイヤメーカーに責任を押し付けたのかと。ミシュランとしては面白くないですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP