2018 もてぎGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

Pocket



『2018 もてぎ モトGP FP1トピックス』

★10月19日(金)、もてぎ戦(第16戦目) モトGPクラスのFP1が行われた。

★首位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、総合2位)。T4セクター最速。他の選手はリアにミディアムを履いてスタートしたが、ドヴィ選手はソフトで始めた。そして、タイムアタック時にはドヴィ選手はミディアム、他の選手はソフトを履いていた。
チームメイトのホルヘ・ロレンソは2周走行後、ブリーラムで微小骨折した左手首の痛みが強いことが判明。その後、モバイルクリニックでテーピング等の処置が試みられたが、結局、茂木GP棄権を決定。

★2位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。サプライズ。ホンダ勢トップ。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは13位(ルーキー)。

★3位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)。サプライズ。ヤマハ勢トップ。
チームメイトのハフィス・シャーリンは24位(ルーキー)。

★4位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、総合首位)。今回、タイトル獲得の初マッチポイントである。転倒持ち直しを2回行っていた。
チームメイトのダニ・ペドロサは11位。

★5位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。セッション後半はペースも好調だった。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは9位。
ワイルドカードのカツユキ・ナカスガは15位(テストライダー)。

★6位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)。
チームメイトのアレックス・リンスは19位。
ワイルドカードのシルヴァン・ギュントーリは21位(テストライダー)。2019年に向けてのラボラトリー機を使用。

★7位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アンヘル・ニエト)。一瞬、3位にまで浮上した。終盤、タイムアタック中、第1コーナーでスリップ転倒。
チームメイトのカレル・アブラハムは23位。

★8位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック、GP17機)。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは17位(GP18機)。

★10位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー・グレジーニ)。
チームメイトのスコット・レディングは12位。

★14位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。
チームメイトのブラッドリー・スミスは18位。

★20位フランコ・モルビデッリ(ホンダ・マークVDS、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)。第10コーナーで転倒、ケガなし。
チームメイトのトーマス・ルーティは25位(ルーキー、最下位)。

★22位ジョルディ・トーレス(ドゥカティ・アヴィンティア、ラバト代役)。後ろから4番目、首位と2.307差。

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)


『2018 もてぎ モトGP FP1リザルト』




『上田昇ミラクルグローブ』でホルヘ・マルティン選手が総合首位を死守した話は無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , ,

2 Responses to 2018 もてぎGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

  1. あーあ 2018年10月19日 at 3:49 PM #

    サーカスじゃないんだから転倒するならしろ!って感じ。もういい加減うんざり。motoGPには相応しくない走りだと思います。

  2. 通りすがり 2018年10月19日 at 6:30 PM #

    釣り針大きいけど釣れそう?

コメントを残す

 

Top